子供のノロウィルスに気をつけて

2013年は、ノロウィルスの当たり年といわれているようです。すでに流行の兆しがでているようですので、子供の感染には特に注意したいものですね。ノロウィルスの予防方法は、手洗いが一番効果的のようです。

重要なのは、手を水道水で洗い流すことのようです。石鹸も使用しますが、できれば、固形石鹸ではなくて、ポンプ式の泡石鹸が良いようです。というのも、固形石鹸の表面に菌が繁殖しているケースがあるからです。

特に、小学校の水道に網でくくりつけられている石鹸は、表面に菌が繁殖しやすいといわれています。どんなに気をつけて手洗いを推奨しても、小学校全体で集団感染してしまうケースが後を絶たないのは、この石鹸に原因がある可能性があります。

丁寧に水道水で洗い流せば、良いのですが、どうしても子供は、丁寧に洗い流すことをせずに、すぐに移動したがりますが、ノロウィルスの危険性を考えると、きちんと洗い流すことの重要性を説明する必要があるようです。

一度感染してしますと、下痢と腹痛がとまらないので、クリスマスや年末年始の楽しいイベントなどが楽しめなくなってしまいます。子供には、これらのイベントの楽しさを話した後に、ノロウィルスにかかると、ずっとベッドで寝ていなければならないという説明をしてあげましょう。

自分が心から楽しみにしていたクリスマスの日に、ベッドで寝ているだけなんて・・・想像するだけで耐え難い状況だと思います。そのような事態を防ぐための手洗いだと、優しく教えてあげれば、自ら率先して手洗いをしてくれるハズ。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページトップへ